レーザーひげ脱毛は何回通う必要がある?

001.jpgレーザー脱毛を受けて、ヒゲや体毛をすっきりさせたい!
と思うメンズが増えてきましたが、ヒゲ脱毛は一体レーザー脱毛で何回通えば効果が現れるのでしょうか?

あまり長い期間通うのも難しいですし、かといって効果がないまま終わるのも勿体無いですよね。

では一体何回通えば施術効果は現れるのでしょう。

ひげ脱毛は8回ほど必要

個人差はありますが、ヒゲの濃いメンズは12回から30回ほど通う、
というメンズもいるようです。

しかし平均としては8回から10回で効果を感じられ、終了することが多いようですね。

どこまで完璧に処理しきりたいか?
にもよりますが、ほんの10本や20本生えてくるのも許せない!というメンズであれば、やはり他のメンズより多く通う必要があります。

まばらになってきた3回から6回程度で充分だ、
と感じるメンズはその時点で終了しても良いでしょう。

通常のヒゲの濃さのメンズで効果を充分実感した、という回数は8回から10回というわけなので、少し脱毛してあとは自分で処理する、というメンズはかなり少ないタイミングでやめることが出来ます。

レーザー照射後の見た目

ヒゲ脱毛は脱毛後、肌が赤くなり、ヒリヒリするカミソリ負けのような状態になります。

ヒゲをそることも出来ませんから、ヒゲ脱毛から2週間は見た目がよくありません。
まばらにヒゲは生えているし、ケアも出来ません。
赤くもなっていますし、見栄えも良くないのです。

しかしこれらを潜り抜けて10回の脱毛を終えた後、つるつるの顎が手に入りますので、気長に施術終了まで頑張って通いましょう。

ひげ脱毛は、どの場所が一番痛いですか?

002.jpg医療レーザーでヒゲ脱毛を受けよう、と考えているメンズも最近では多いようですね。

それだけメンズの美意識が高まってきたのと、さらに髭剃りの面倒くささから逃れられるということもあって、一石二鳥ということで、メンズのヒゲ脱毛が増えてきています。

取り扱っているサロンも増えてきていますので、気軽に通えるようになっています。

痛みの比較

しかし、大きな問題が1つあります。
それは何かと言うと、「痛み」です。

ヒゲ脱毛はかなり痛いという話をよく耳にします。
最も痛みが強い方式はニードル脱毛、その次に医療レーザー、そして光脱毛という順番になります。

医療レーザーをオススメするのは、ニードル脱毛は痛すぎるという点、そして施術者が少なくなってきている点からして、まず難しいであろうということです。

一番痛いのは「鼻の下」

ではヒゲ脱毛の中でも、最も痛い部位はどこなのでしょう。

それは鼻の下、と言われています。
かなりの激痛を伴い、麻酔なしでは脱毛出来ない、というメンズも少なくありません。

ですから、クリニックでは麻酔を使ってひげ脱毛を行うことも日常茶飯事的に行われているのです。
これはメンズが痛みに弱い、というよりは、鼻下は毛が濃く、さらに皮膚がデリケートなため、特別痛みを感じやすい場所だと言えるからです。

麻酔クリームを使うことも

しかし医療レーザー脱毛は効果を実感しやすいので、

ヒゲや青髭で悩んでいるメンズは一度クリニックに連絡してみても良いかもしれません。

痛みに弱いことを事前に伝えておけば、麻酔クリームを使っての施術も可能となっています。
ただ、麻酔が切れた後はやはり痛くなってきます。

メンズ脱毛勝負!医療レーザー vs ニードルどっち?

003.jpgメンズ脱毛でまず考えられるのは、太く濃い毛をどう処理するか、というところでしょうか。
太く濃い毛は、通常のサロンでは扱うことが難しいでしょう。

女性が通うようなサロンで出来るのは産毛処理程度だと思われます。

そこで考えられるのが、医療レーザー脱毛と、ニードル脱毛です。
どちらがメンズには向いているのでしょう

医療レーザー脱毛

まず、医療レーザー脱毛での脱毛は施術時間は短く、その日のうちにシャワーをさっと浴びることなら可能なくらい肌への負担がかかりません。

ニードル脱毛

ニードル脱毛のほうは毛穴に針を差し込み電流を流し、毛根を直接死滅させるため、永久脱毛と呼ばれる方式です。
専門の技術を持っているスタッフしか扱うことが出来ない脱毛法です。

しかしかかる時間や痛みは、施術者によって変わるようですから、考える必要がありますね。
やり方によってはかなり痛い脱毛方式でもありますし、出来るだけ施術に長けたスタッフの在中するサロンが良いでしょう。

医療レーザー脱毛が主流に

では一体どちらが良いのかと言うと、出来るだけ時間が短く、痛みも少ない医療レーザー脱毛が良いと言えますね。

施術する人の肌質、脱毛する部位によって脱毛機種を使い分けて脱毛するため、効率よく脱毛することが出来ます。
太い毛の人にはそれなりのレーザーを必要としますし、毛が比較的薄ければ強力なレーザーは必要ありません。

痛みに弱い男性でも医療レーザー脱毛なら、ニードルよりも痛みが少なく脱毛が可能となっていますから、一度クリニックに相談しに行きましょう。

メンズのVIO脱毛は可能でしょうか?

004.jpg

メンズがVIO脱毛をする、と聞くと、あなたはどう思いますか?
そんな、男性がVIOなんて・・・と思うでしょうか。

それとも、メンズもそれくらい美意識が高くなったんだね〜と思うか、どちらかでしょう。
その間をとって、どっちでもいいんじゃない?という意見もありそうですね。

メンズVIO脱毛は人気

実は、現在ではヒゲ脱毛よりメンズのVIO脱毛のほうが需要は多いと言われています。
有名人、芸能人、モデルなどはVIO脱毛を受けているとも言われています。

しかし男性は毛が太く濃いため、1本1本の脱毛の効果はサロン脱毛では効かないため、医療レーザー脱毛がオススメです。

あるデータによると、およそ9割もの女性が体毛が殆どない、もしくは整った毛量の体毛に対して好感を持つ、と答えています。

このことから、メンズのVIO脱毛も、女性に殆ど認められる存在になってきていると見てよいでしょう。
メンズがアンダーヘアをケアするのが当たり前、と言われる時代になってきつつあるのです。

男女ともに脱毛がエチケットに

そう考えると、女性側からしてみると、自分がケアしていないとダメ!となり、さらに需要が高まるというような図式になってきますね。

女性のアンダーヘアがケア出来ていないのに、ケア出来ているメンズと付き合ったら大変なことになります。

男性専門のクリニックなら、個室でプライバシーをしっかり守った上で施術してもらえますから安心です。
まずはメンズに特化したクリニックを探し、カウンセリングを受けて相談してみましょう。

メンズ脱毛は医療レーザーが良いですか?

005.jpg最近ではメンズもサロンに通うようになってきており、男性の美意識もかなり向上してきているようです。
しかしメンズの場合、サロンでの脱毛では出力が弱く、効果が出にくいため、医療レーザー脱毛がオススメです。

ヒゲが濃くて朝の髭剃りに時間がかかってしまう人や、1日2回以上髭剃りが必要なメンズもいますよね。
またヒゲをそろうと思っても、肌自体が敏感肌で剃ると赤くなってしまう、というメンズもいます。

ひげ剃りが楽になる

そこでそんなメンズにオススメなのが医療レーザー脱毛です。
レーザー脱毛を受けるとヒゲが薄くなりますから、朝の処理が非常に楽になります。

髭剃りの痕も目立たなくなってきて、他人から見た自分がちょっと変わったように見えるようですよ。
エステの光脱毛では充分な効果を得ることが出来ませんが、レーザー脱毛という出力の高い脱毛法であれば、ヒゲ脱毛も簡単なのです。

レーザー脱毛の痛みはがまん

しかし心配なのが痛みですね。
実はヒゲ脱毛は個人差があるにしろ、痛みを伴います

顔の一部のヒゲを焼ききるのですから、それなりに痛いようです。
我慢出来ないほどの痛みではないけれど、出来れば避けたいほどの痛みであるとも言われています。

顔というデリケートな部分だからこそ痛いのだと思われます。

平均5回〜6回の施術

施術は5回から6回で終了することが殆どで、これは女性とあまり変わりません。
清潔感が出て印象が明るくなった、と嬉しい意見を寄せている人もいます。

メンズでオシャレに気を使っている人は、一度メンズ脱毛を受けてみると良いでしょう。
ただし痛みに弱い人は事前に相談してからにしましょう。