社会人の恋人探し情報ブログ

社会人になると職場で出会いがない場合は、恋人探しが難しくなります。どこでどのように恋人探しをするのか、出会いの情報をまとめたブログです。

恋活サイトと出会い系サイトの違いは?

恋活サイトと出会い系サイトの違いは?

出会い系は、事実上誰でも登録できて、18歳以上の証明ができれば良い。恋活は身分証明必須。

インターネットが普及した頃から、インターネット上で手軽に相手が探せる出会い系サイトが増えました。出会い系サイトは登録が無料で、18歳以上の証明ができれば独身でも既婚でも、写真がなくても登録が可能です。

手軽さがあるので会員数が非常に多く、沢山の出会いがあると見えがちですが、手軽さとは危険な出会いも隠れている事にもなります。恋人候補を探している女性で、真面目な交際相手を希望するなら単なる出会い系は避けて、恋活を前提とした婚活サイトが相応しいですよ。恋活サイトは社会人向けのサービスなので、登録時に身分証明書が必須です。

免許証などの公的証明書を提出した会員のみが恋活サイトを利用出来るので、出会い系とは違って安心度が有ります。

恋活は真面目な恋人探しで、出会い系は体目的がほとんど。

インターネットの出会い系サイトによる被害は、後を絶ちません。手軽に登録が完了してしまうので、実際に出会うと意図した相手と違ったり、犯罪などに巻き込まれるケースもあります。

これらのケースは、身分証明書や本人写真など安全面をクリアしていないから起こってしまうのです。出会い系で急に仲良くなってくる人は例え良い人だと思っても、体目的がほとんどです。その点恋活サイトは、恋愛を希望する男女が登録するサイトなので、性格や価値観、仕事や趣味などをメインにした真面目なプロフィール登録がされています。

ネットで真面目な出会いを求めるなら、恋活サービスをしているサイトが一番なのです。

恋活と婚活の違いは何か?恋活は、婚活の一歩手前という感じ。

恋活サイトと婚活サイトで、どちらに登録するか迷った経験はありませんか?恋活とは恋愛対象との出会い活動を中心とした活動なので、すぐに結婚とは行かなくても、取り合えず交際を通して恋愛をしてみたい、という人にぴったりのサービスです。

婚活は正しく、結婚相手を探す活動なので、最初から結婚に対する意識や結婚後の生活まで想定し、価値観にあった相手を探す傾向にあります。恋活とは、全く結婚を考えていないのではなく、結婚も視野にいれた婚活の一歩手前の活動になります。

恋活なら、結婚相手を探すという大きなハードルはなく、恋愛期間においてゆっくりお互いを理解する事が出来るので、じっくり恋愛対象の恋人を探している女性にぴったりのサービスになります!

相席屋で恋人探しはできるのか?

相席屋で恋人探しはできるのか?

相席屋ってどんなところ?

出会える居酒屋として人気の相席屋は、男性と女性が相席になって飲食やトークを楽しむ、時間制の食べ放題飲み放題サービスのお店です。相席屋の魅力としては、なんといっても女性が基本無料で参加できる所です。

一部の有料メニューを除いて女性は無料なので、友人を誘って気軽に参加が出来ますよ。そして相席中の飲食代を持っているのが男性です。男性は2人一組で参加し、女性が来るまでの時間は単品500円、女性と相席がスタートすると月曜~木曜が30分食べ放題飲み放題で1500円(税抜)、金曜土曜と祝前日は30分食べ放題飲み放題で1800円(税抜)となります。

30分後は10分ごとの延長になり、月曜~木曜が10分延長で500円(税別)、金曜土曜と祝前日は600円(税抜)となります。チャージ料は一切発生しないので、基本料金だけで男女の出会いが期待出来るお店です!相席屋アプリをダウンロードするとお店の混雑状況を確認したり、お得なクーポンも貰えるので相席屋に行く前に必ずゲットしておきましょう。

恋人候補を見つけたら、どのようにアプローチするべき?

男性2人組に対して、女性2人組の相席が基本となります。相席がスタートすると、最初はドリンクを頼んで店員の合図とともに乾杯がスタートします。

最初はプロフィールを教え合いますが、話して行くうちに恋人候補としていいな、と思ったら早速次の行動に移す必要があります。相席屋は時間制なので、60分相席すると男性2人で6000円ほど支払う事になるので、違う店へ2次会として行って飲み直すパターンが一般的です。ずるずるトークしていくと相手側も飽きてしまうので、積極的に2次会のお誘いをしましょう。

気が合ったなら直ぐに違うお店に移動する事で料金は抑えられるし、次の店ではゆっくり会話も出来るので良いこと尽くめなのです。初回の相席ですべてトークしてしまわず、もっと色々お話してみませんか?と2次会も楽しいトークが出来る事をアプローチしましょう。

相席した時間は、自分に対して興味を持ってもらう事をまずは目標にする事をおすすめします!

連絡先交換だけで良いのか、2次会も行くべきか?

相席屋で一緒に飲食とトークを交わし、この後どうするか迷ってしまう時もあります。連絡先交換だけで良いのか、2次会も行くべきか迷いますが、体目的など身の危険を感じない確実そうな相手であれば、連絡先を交換してさらに2次会にも行く事をおすすめします。

2次会ではひたすら飲む事を目的とし、連絡先交換を拒否する相手は最初から体目的の可能性があります。先に連絡先を交換しておけば、いざという時にも証明になりますので、交換してから2次会に向かう事をおすすめします。

たまたまお店で相席になった人同士も、大切な縁です。そしてたった1時間程度では、相手の表面上の事しか分からないもの。連絡先を交換して、2次会でも沢山トークしてお互いを知る事で、良い出会いへと繋ぐ事ができますよ。

社会人の「ネット婚活」登録は恋人探しに向いているか?

社会人の「ネット婚活」登録は恋人探しに向いているか?

ネット婚活はFacebookアプリが良いのか?

毎日仕事が忙しくて出会いの機会がない、婚活パーティーに通うと参加費がかさむ、と困っている人はネット婚活をしてみてはいかがでしょうか?ネット婚活とは、ネット上の婚活サービスにプロフィールや写真を登録して、婚活サービス内の異性のメンバーを探し、気になった人とメッセージ交換をして交流するサービスです。

しかしネット上の婚活サービスでは、プロフィール情報に信憑性が無かったり、写真が実在の人物か不明だったり、色々と不安が残るものです。そこでおすすめするのが、Facebookを使用したアプリです。なかでもネット婚活で安心安全で大変人気のペアーズとOmiaiは、Facebook登録者のみが利用できるネット婚活アプリなので、かなりの安心感があります。

居住地、年齢、性別、本名のイニシャルなどFacebook上の情報がそのまま登録されるので、初めての女性でも安心してネット婚活を行うことが出来ますよ。

無料で恋人探しできるのか?

婚活パーティーは参加費があり、男性で3000~6000円、女性で2000~5000円などたった一回の婚活パーティーでもコストが掛かります。出来るだけコストを減らして婚活を続けるなら、登録無料で利用出来る婚活アプリを利用してみましょう。Facebook系アプリのOmiaiは、累計会員数180万人を突破した大手婚活アプリで、最初は無料登録でサービスが利用出来ます。

制限数内で相手にいいねが出来る、プロフィール検索が出来る、最初の一回だけマッチングした相手にメッセージが送れるなど、無料会員で出来る事は沢山あります。もっとメッセージをやり取りしたり、いいね上限を増やしたいと思った時に簡単に有料会員に移行出来るので、自分のペースでネット婚活が可能ですよ!

そしてFacebook系アプリのペアーズは、累計マッチング数が3200万組を突破したアプリで、基本的なサービスは無料で利用出来ます。いいねを送ったり、来たいいねを承諾してマッチングする事も無料登録内で可能です。

マッチングした後は自分が利用したいと思ったタイミングで有料会員になる事ができ、メルアドは不要でアプリ内で誰にも知られずメッセージ交換が始められます。

ペアーズとOmiaiは、どちらが良いのか?

Facebook系アプリのペアーズとOmiaiは、まずFacebookを利用した情報である事、Facebookの友達はお互い絶対に見つからないようシステムがある事、Facebookに一切投稿されないという安心な機能のアプリです。

マッチング後にメッセージを続ける場合には、免許証などやクレジットカード決済情報など公的証明書の提出が必要なので、とても安全です。さらに365日24時間体制のサポートを行っており、万が一困った事があっても万全に対応しています。

これだけの安心安全な機能を、手軽にスマホで利用できるOmiaiとペアーズは、登録無料なので両方当時登録がおすすめです!中にはOmiaiだけ、ペアーズだけ登録している異性が居ますが、自分が両方同時に登録しておけば、出会いの切掛けは更に大きくなります。

Omiaiとペアーズのとっても簡単な無料登録を利用して、安心安全な婚活を手軽にスタートしてみて下さいね。

クラブで遊びながら出会いを見つける

クラブで遊びながら出会いを見つける

クラブで男からナンパされる可能性はあるのか?

ミュージックイベントやDJクラブイベント、レゲエイベントなど各所のクラブでは毎月多彩なイベントが開催されています。お気に入りの音楽に身を任せて、日常を忘れて音楽やダンスを楽しむ、美味しいお酒を楽しむととても開放的な気分になります。

クラブイベントでは皆ラフなスタイルで参加する事が多く、女性にいたってはクラブ用コーディネートで、かなりファッショナブルに変身して参加する場合もあります。セクシーなファッションもクラブならではのコーディネートですが、皆開放的になりやすいので男性からナンパされる時も多々あります。

女性2人組でクラブに参加し、男性2人組から声を掛けられる時もよくあります。取り合えず会話してみたい、というシンプルな合意で簡単に出会いが生まれるので、クラブは兎に角ラフな出会いの場と言えます。

ナンパされた出会いで、浮気の不安はないのか?

ナンパと聞くと、軽率過ぎると敬遠する人も居ますが、実際にはナンパから交際に発展し、結婚して仲睦まじく暮らしているカップルは多く居ます。出会いがナンパだったので、交際期間中も他の異性にナンパをして浮気しないか不安、という思いもありますが、これは出会いがナンパだったからという理由ではありません。

出会いがナンパでも浮気しない人はしないし、出会いがナンパでなくても、浮気をする人はその人の性質が原因で浮気をするからです。出会いを求めてクラブに行ったけれど、ナンパからのスタートに浮気不安があるのなら、クラブ後にじっくりお相手と交流してみましょう。

クラブでは開放的だったけれど、昼間はこんな仕事をしているのだ、普段の考え方はこうなのだ、と人間の良し悪しがはっきり見えてくる筈です。逆に言えば、ナンパで運命的な出会いを果たしたと思えても、後日交流してみると一時的な熱だったとお互いが気づける場合もありますよ。

体目的だった場合、どのように回避するのか?

クラブの楽しい雰囲気とお酒が入ると、開放的になるものです。普段は声を掛けないような人でも、心が大きくなるので気軽に女性に声を掛けます。ナンパ慣れしている人は、女性に怪しまれないような当たり障りのない言葉で声を掛けて、向こうが興味を持てば、トークスキルで直ぐに仲良くなって行きます。

急激に仲を詰めて来る、出会いを運命的だと盛り上げる、ボディタッチをしたがる、クラブ後に2人きりになる事を望む、などの場合は体目的が多いでしょう。もし体目的だった場合は、自分はそんなつもりはないと意思をはっきりと示しましょう。

一度断っても、甘い言葉でこちらが折れるまで言い募って来ますが、自分の意志が固ければ、回避出来ます。体目的に、後で泣き寝入りしないように、しっかりと自分の意志を持ってクラブ参加して下さいね。

社会人なら「同窓会」で恋人探し

社会人なら「同窓会」で恋人探し

同窓会のチャンスはあるのか?Facebookで幹事を申し出るなど

中学校や高校、大学時代の同窓会に参加していますか?実は結婚に至る恋人との出会いでも、とても多いのが同窓会なのです。

同窓会は、幹事が当時のクラスメイトに連絡を取って日取りを決定し、食事会や飲み会、日帰り旅行などを計画するイベントです。出会いを求めているのに、数年会っていない人ばかりだから同窓会には行かない、ではとても勿体ない事をしています。

学生時代から皆それぞれの人生を歩んで大人になっているので、学生時代のイメージとは大きく異なる事が殆どです。子どもっぽいと思っていた異性が立派なビジネスマンになっていたりなど、その変身に心を時めかせる事はよくあります。そして同窓会の機会が中々恵まれないのなら、一度同窓会の幹事になってみてはいかがでしょうか?

Facebookで幹事を申し出ると、友達から友達へと同窓会のお知らせが回って行きますので、連絡が取れていなかった人とも集う事が出来ます。同年代の人との出会いチャンスなら、同窓会が一番効果的と言えますよ。

同窓会で、紹介狙いお願する選択肢も

10年ぶりに同窓会のお知らせハガキが貴女に来たとします。同窓会ともなれば、当時のクラスメイトに婚約者が居たり、すでに結婚して子供を育てて居たりなど、様々な現在の状態が知れて行きます。

自分はまだ独身で、恋人が居ないから知られたくない、と思って行かない人が居ますが、同窓会は恋人候補の紹介をお願いできるとても良いチャンスなのです。同窓会に来る異性の中では、まだ独身の異性もいるでしょう。

その相手を目標としなくても、再会したクラスメイトに実は恋人候補を募集していると意思を伝えておいて、クラスメイトの現在の人脈から紹介をお願いする方法もあります。

既婚者なら、配偶者の会社関係の人、趣味サークルの知人など、どんどん人の輪が広がって行きます。紹介を大々的に知られたくないなら、幹事にお願いして、こっそり紹介を依頼する事も可能です。

エリアの近い、同級の他会社との合コン設定を持ちかける

同窓会では学生時代の地元のクラスメイトと主に再会します。

しかしそんな地元の同窓会から、地元を少し離れたエリアの他会社との合コンも不可能ではないのです。同窓会に来るクラスメイトは社会人として働いています。働いている限り、他の会社や事業所、店舗など社外の人とも交流があるものです。普段の自分とは、絶対に知り合えなかったような会社の人との出会いも、可能性として隠されているのです。同窓会でクラスメイトに再会したなら、クラスメイトと関りがある社外の人との合コンを計画してみてはいかがでしょうか?
少し勇気を出して計画してみたなら、思わぬ人物と出会う時だってあるのです。

同窓会を同窓会だけで終わらせず、更なる人脈を作って、社外の人との出会いを求めてみて下さいね。

カルチャースクールなど「習い事」で恋人探しをする

カルチャースクールなど「習い事」で恋人探しをする

料理教室はどんな感じ?

女性が自分の料理のスキルを磨くために通っていた料理教室は今や、男性と女性の実益をかねた趣味の場になっています。

料理教室といえども種類があり、和食など家庭料理中心の教室、凝った洋食をオーブンなどで数時間かけて作る教室、ワインなど酒のおつまみを手軽に作る教室、パンやケーキなど製菓も作る教室などがあります。独身男性の場合、自炊をする時にレシピをもっと増やしたい、手間を省くスキルが欲しい、純粋に料理を楽しみたいなどの理由で通っている事が多くあります。

なので男性はケーキなどの製菓を作る教室より、和食や洋食など普段のレシピ上達が望める教室に行く傾向があります。料理教室に通っている男性は、料理の手間暇を理解しているので、料理好きの女性とも話が合います。

エプロン姿で慣れない料理を覚えている姿も、十分女性がときめく要素を持っているので、料理に興味があって料理の話が出来る男性との出会いを望むなら、おすすめする出会いの場です!

書道は出会いに向いている?

書道教室は、書道の師範などの免許を持った人、または書道家が開校する教室です。一般的には小学生や中学生などに書道を教えていますが、中には社会人向けの授業を開講している教室もあります。

社会人向けの書道教室では、お稽古と題して手順や所作にいたるまで書道のマナーを教えている教室があります。書道紙に墨で丹精込めて書く書は精神統一になり、日常では味わえない緊張感に触れる事が出来ます。

しかし書道教室に通う人で、出会いを一番の目的にしている人は、ほぼ居ません。それぞれが書道の上達、品位の向上などの目的で通っているので、教室での私語や雑談を嫌う人も居ます。書道は出会いの場よりも、スキルアップで通う教室と言えます。

ワイン教室は出会いの場として最適か?

平日の夜間や週末に多く開講しているワイン教室は、ワインの銘柄や産地を学んだり、ワインの保存方法や美味しい飲み方、ワインにあうおつまみの調理などを主にした社会人向けの教室です。

ワイン教室に通うと、ワインに精通して行くので知識がとても増えます。ワイン教室に通っている、というだけでなんだかお洒落度が上がった気もしますよね。ワイン教室は、男女ともに多くの人が通っています。

20代から40代以上と年齢も幅広く通っており、ワインに関して雑談を交えながら学んでいくので、知らない人同士でも自然と会話が弾むのが特徴です。普段からワインを飲んでいる、ワインがとても好きな人が教室には多く、同じワイン好きと交流したいと思っている人も居ますので、大人の雰囲気の中で雑談を通して自然に出会いたい人に、ワイン教室は最適の場所になりますよ。

街コンや婚活パーティーに参加

街コンや婚活パーティーに参加

街コンとはなに?

最近よく耳にする街コンとは、街規模で行われる合コンイベントを示します。一般の合コンでは数人程度ですが、街コンになると数十名から100人以上など、大規模な人数で行われる事がほとんどです。

街コンは参加人数が多いので、婚活パーティーの様な一対一での対話や、フリータイムや投票タイムはあまり設けられません。店舗型の街コンの場合、参加者はカフェやレストランなど複数の店舗への入店が可能になり、入店許可書のリストバンドなどを持って自分の好きな店舗で食事をとります。

気になった人にいつでも話しかけられる気軽さがあり、また沢山の人と交流出来るのが街コンの魅力です。また街コンは、地域の活性化に繋がるので、都市部だけでなく郊外や地方でも盛んに開催されているイベントです。

婚活パーティーとは?

婚活パーティーとは、文字通り将来的に結婚を望む男女がパーティー会場に集い、お互いのプロフィールを見たりトークを交わして縁を作るパーティー形式のイベントです。

婚活パーティーの多くは参加人数や年齢の下限と上限が決まっており、男女比も調整しているので参加者全員が満遍なく異性と会話できるように設定されています。参加者はプロフィールカードなどに年齢や職業、趣味、自己アピールポイントを記入し異性に渡します。男性と女性が一つのテーブルに向かい合わせで着席し、数分のトークタイムで会話し、時間ごとに男性が隣の席へと移って行きます。

大抵の婚活パーティーはフリータイムを用意しており、トークタイムで気になった人と再度トークする事が出来ますが、人気のある男女に人が集まると、話し掛けづらい場合もあります。

イベント終了時に、第一希望から第三希望を投票カードに記入し、第一希望者同士がマッチするとカップル成立になります。パーティー会場や会議室で行われるので、落ち着いて異性と会話が出来ます。

成功するために、どのようなコツがあるのか?

兎に角沢山の人と切掛けを作りたい人は、街コンに参加すると一日に20人以上の人と連絡先交換も不可能ではないので、おすすめですよ。街コンは男女とも、申し込みに2名一組のような決まり事があるので、友人を誘って美味しい料理やドリンクを楽しみながら、気軽に出会いたいという場合にぴったりです。

しかし街コンの場合、プロフィールカードに結婚までの交際期間や子どもが欲しいなどの具体的な希望を書くことはあまり有りませんので、相手の結婚意識度を計るのは難しいでしょう。婚活パーティーは本人確認書類を持参して参加するので、記載の年齢は信頼がおけます。また結婚を見すえた参加者が多いので、プロフィールに家事をどう分担するか、趣味にお金を使うか否か、どんな家庭が理想かなど、かなり具体的な回答が見られる事が多いです。

最初から結婚を目標とした相手を探すなら、例え少人数制でも婚活パーティーに参加し続けると、結婚を意識したお相手と出会いの機会が得られますよ。

積極的に合コンへ参加する

積極的に合コンへ参加する

合コンで仕切っている人を探す

最初から恋愛対象に絞った出会いを望むなら、合コンが効果的です。合コンは基本的に、男性と女性の出会いを主にしているので、出会いを求めていない人は来ない傾向があります。

知らない異性と出会いたい、人間関係の輪を広げたいと思う人が集う合コンは、彼氏候補が見つかる日常の最大イベントです。しかし合コンは表だって掲示される訳でもないので、中々機会に恵まれないもの。そこで、合コンを開催した事がある人を探しましょう。合コンを開催した事がある人は幹事の経験があるので、合コンの準備がスムーズです。

また人脈が広いので、過去の合コン参加者から、自分が知らなかった人と結び付けてくれる可能性も十分にあります。合コンを募るよりも、合コンを仕切っている人をまずは探しましょう。

参加したい旨、意思表示をする

合コンに参加したいなと思っているのであれば、自分は合コンに参加したいという、明確な意思表示が必要です。例えば貴女が独身で、交際相手を求めている事を周りが知っていたとしても、合コンに行きたいかどうかは分かりません。合コンとは気軽でありながら、人数合わせなど幹事は色々と気を使うイベントです。

なので前もって自分は合コンに参加したい意思を、幹事や周りに表示しておきましょう。突然合コンの日程が決まったとしても、事前に意思表示をしておけばメンバーの候補としていち早く声を掛けられます。

またアルコールを飲むか飲めないか、年齢の下限や上限の条件があるならば、事前に意思表示しておくと自分が参加できる合コンのみ誘いが回って来ます。突然の誘いに慌てないためにも、事前に合コンへの参加意思を示しておきましょう!

幹事の補助をして、次回チャンスを得る

いざ合コンに参加してみても、いい人は直ぐに見つかりません。または数回合コンに参加したけれど、収穫がいまいちだったという場合もあります。合コン離れをしていく人の特徴として、どうせ次の合コンに参加しても結果は見えているから、と直ぐに諦める人が居ます。

合コンの参加に疲れてしまったなら、視点を少し変えて、幹事側になってみてはいかがでしょうか?といっても、幹事なんて到底無理、という人は幹事の補助に名乗り出てみましょう。幹事の補助とは、合コンに相応しい店を探したり、店へ予約を入れたり、参加者同士と連絡を取り合ったりの作業があります。初対面が緊張する、という人でも事前に合コン開催に関わっていると、緊張は和らいで行きます。

合コンでいつも上手く話せないとしても、幹事の補助は参加者達を第三者の視点で見られますので、話が盛り上がらなくても仕方がないな、緊張して当たり前、と冷静に自分を見る事も出来ます。開催日が決まってないのであれば、次の合コンは是非幹事の補助をすると伝えておきましょう。合コン開催の折りには、真っ先に話が来る筈ですよ。

職場で彼氏を探す方法

職場で彼氏を探す方法

仕事の相談をしてみる

社会人の女性が恋人を探す時に、出会いのチャンスが圧倒的に多い場所は職場です。

職場にいる異性は、同期、同僚、部下、上司、営業関係、顧客、スポンサーなど様々な部門で存在します。同じフロアに入っているけれど違う会社の人物だって、出会いが望める相手です。

これらの多彩な位置関係の中で異性と距離を縮めるには、実は仕事の相談が一番手軽で尚且つ誰でも出来る方法なのです。仕事関係の上でまだそれほど親しくなっていない時期に、いきなり独身かどうかを聞いてみたり、休日の趣味を聞かれると相手は引いてしまいます。

しかし仕事の相談やアドバイスを仰ぐ事は働く上で不自然さがなく、また疑問形になるので、相手が相談に乗れても乗れなくても回答が来ます。例え働いている部署が違ったとしても、違う部署の方の意見が聞きたかった、などの相談内容であれば、誰にでも自然な相談が出来ますよ!

同僚や友人に紹介を頼む

職場で関わっている人は、仕事をしている貴女の事をよく知っている人物になります。勤務地がどこか、仕事の内容はどんなものか、仕事ぶりはどうか、普段の容姿や性格はどんな感じか位なら、関わりある人なら殆ど知っている筈です。

職場の人に紹介を頼む事を、仕事にプライベートが関わって気が進まない、恥ずかしいという女性も居ますが、これでは大切な出会いのチャンスを逃しています。お見合いの様に、釣書に書かれた人物像だけでお互いを知る事は難しいものです。

しかし同僚や職場の友人であれば、貴女の特徴や良さを知っているので、お相手にも貴方の事を伝えやすくなります。また普段貴女と関わりがあるので、年齢などの要望を伝えたり、出会いを紹介されるまでに綿密なやり取りも行えます。

職場の同僚や友人は、貴女を理解した紹介者として最適な人物なのです。

キッカケを作り食事に誘う

貴女の周りにいる職場の人物は、どんな人ですか?とても冗談なんて通じないような真面目な人だったり、逆にすぐサボりたがるちょっと苦手な人も居るでしょう。

上司などの年上であれば、地味なスーツを着ていてときめきとは無縁だと思っているかもしれません。しかし職場は学校とは違い、仕事をするという最低限の目標に全てが絞られています。服装や髪形などの外見にときめきがないからといって、それが当人の全てを表現しているのではないのです。そこでおすすめするのが、職場を離れた場所で会話をする事です。

一番手っ取り早い方法では、気軽に食事に誘う事です。仕事の悩み相談だったり、息抜きに誘うでも構いません。食事に誘う事で、仕事以外の一面を発見出来ます。店員など外での対応や、相手の自然な仕草など、発見は多い筈です。

仕事の話をしつつ、堅苦しさを和らげるために食事の好みを聞くのも効果的ですよ。職場では見えなかったお相手の意外な部分を知る事ができ、相手への興味が持ちやすくなります。